日本漫画の中国語版で、自然な日常会話を身につけよう〜高木直子のコミックエッセイ「ひとりぐらしも5年目」

漫画で中国語を学ぶことが、楽しく中国力を自然に身に付けるいい方法の一つで、学習効果が非常に高いです。

 

普段教科書に載せていない自然な日常生活に密接した言葉や表現など、漫画にぎっしり詰まっています。漫画は普段の教科書と違って、文字よりイラストが直感的で視覚的な刺激が強く、脳が活発になって中国語の表現が覚えやすいです。

 

漫画好きの方がぜひ楽しみながら中国語力を伸ばしていきましょう!

 

 

日漫本画の中国語版: 高木直子 ≪一个人住第五年 ≫ 
イラストレーターたかぎなおこ(中国では高木直子)のコミックエッセイ「ひとりぐらしも5年目」中国語版。


東京でひとりぐらしを始めて早5年。5年の間、いつのまにか出来上がっていった自分の生活パターン。そして夢見ていたひとりぐらしと現実のひとりぐらしとのギャップ。気楽だけどときにちょっぴりせつない、そんな日常生活を綴ったものです。


可愛いイラストを見ながら面白い内容を楽しく読んでいくうちに、中国語の実力がついにアップ!日常生活に密着したセリフがたくさんあるので、中国の友人に日本の生活や文化を伝えるのにも非常に役立ちます。

 

一個人住第五年(高木直子作品) 

http://bookschinese.com/?pid=2381435

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一個人住第五年(高木直子作品) 

http://bookschinese.com/?pid=2381435

 

 

この漫画は中国でもたくさんの漫画好きな人々に愛読されています。

下記の中国読者の声は、中国語学習としてお読みください。

 

中国語中上級レベルの学習者は原文をそのままで、初級レベルの学習者はGoogle翻訳の機能を活かして中国語の学習ができればと思います。

 

“一个人的生活轻松也寂寞,却又难割舍”!

日本小女生高木直子在开篇即道尽了一个人住的5年感悟。

书中那个酷似小丸子、热爱生活的圆脸女孩轻而易举得博得了许多人的好感,她笔下的独居生活点滴让所有有着相同经历的人会心一笑。

  第一年,想要每天都有花朵陪伴的浪漫生活;第五年,实际一点到百圆店抢购特价品

  第一年,做菜份量一煮就是一大锅;第五年,完全可以掌握一人份

  第一年,想要把房间布置得可可爱爱; 第五年,东西杂物不断甓……

  一个人住的自由、苦恼、寂寞、快乐……

  高木直子把自己一个人奋斗的、完整的成长经验,用轻松幽默的漫画,绘成一连串亲切的故事与你分享!

 

 

この記事「日本漫画の中国語版で、自然な日常会話を身につけよう〜高木直子のコミックエッセイ「ひとりぐらしも5年目」」の続篇はこちら↓

 

 

日本漫画の中国語版で、自然な日常会話を身につけよう〜高木直子のコミックエッセイ「ひとりぐらしも5年目」

 

 

続篇記事では、このコミックエッセイからセレクトしたエピソードを中国語学習者の皆さまにお届けします。

 

「不小心看了恐怖影片的夜晚」

(うっかりしてホラー映画を見てしまった)

http://languagestudy.bookschinese.com/?eid=17

 

 

 

この記事の作成者:YUN先生

 

◆ 21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

中国文化理解講座 1 クイズ 銑

 

中国文化に関するクイズをやりながら、中国文化への理解を深めていきましょう!

中上級の中国語学習者の皆さまは、中国語でクイズをチャレンジしたらいかがでしょうか?

 

 

 

 

 1. 拉面是日本独有的影视文化,中国没有拉面文化。

 

2.  再饺子的发祥地,中国饺子里面不放蒜。

 

 

3. 中国北方的主食是米,南方的主食是面。

 

 

4. 乌龙茶自古以来就在中国全国有名。

 

 

5. 塑料瓶装的绿茶里有糖。


 


6. 绍兴酒是中国最有名的酒。
 

 

7. 在中国人家庭做客的时候,把饭菜剩下是不礼貌的。

 

 

◆ 21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

語学勉強の感想と心得

私自身は中国の大学で四年間日本語を勉強してから、日本に留学しにきて、今は日本で中国語を教えています。


今日は自分の語学勉強の経験を踏まえながら、日本語と中国語の語学勉強についての感想をお話ししたいと思います。

 

日本人からすると漢字は何となくわかるものの、中国語の発音になると、日本語の発音と大きく異なり、四声の習得の難しさに「中国語は難しい、わからない」という先入観にとられ、中国語勉強が挫折してしまうケースも多いではないでしょうか。

 

それは外国人だからではなく、中国人も同じです。

私だけでなく、全ての中国人が子どもの時から、ピンインをどれだけ練習してきたか。


生まれた時から、いっぱい聞いて、そして幼稚園、小学校でいっぱい練習して今の中国語の発音ですから、皆さんが例えば一ヶ月、二ヶ月でピンインを完璧に習得できるということは、本当に天才じゃないかぎり、無理の話です。


ですので、ピンインでストレスを感じ、中国語を勉強することを止めようと思わないで欲しいです。

 

幼稚園で子どもたちのピンイン練習:

https://v.qq.com/x/page/p3104hlwbaq.html

 

小学生のピンイン宿題:

https://v.qq.com/x/page/z0898a783cw.html

 

どうですか。皆さんも子どもたちと同じように恥ずかしがらないで大きな声でピンインを練習していますか。(笑)

 

「言語習得に関しては、継続が力なり」という言葉も、多分皆さんもご存知だと思いますが、本当にその通りです。


しかし、言語勉強はやはり楽しくなければ、継続が難しいものです。


そこで自分自身の好きなものを見つけれられればとてもいいですよね。


例えば、好きな中国人俳優、女優、アイドルがいる場合、


彼らの出演している映画、ドラマなどを見まくって、好きなセリフを書き出して練習するとか。


歌手がいる場合、歌を聴きまくって、好きな歌詞を書き出して練習するとか、などなど...

 

私個人が一番おすすめなのは、やはりバラエティ番組、オーディション番組などです。


最初日本語を勉強していた時などは、日本のバラエティ番組を見まくっていました。それはバラエティ番組は「いきた日本語」「生の日本語」を勉強できるからです。


ドラマ、映画などはやはりとてもセリフっぽくて、日常会話になると、バラエティ番組に勝るものはないです。


今の中国人はどんな言葉を使っているかが体感できるので、とてもいい勉強になると思います。

 

好きなもので、どんどん中国語をインプットして、日常会話を使い、同時にピンインを習得する。


もちろん実際にピンインを発音する人の生の声を聞くことも、学校で先生とのやりとりも大切です。


ある程度会話の内容も入ってくれば、興味も湧いてきますし、より良い言語勉強生活になると思います。

 

最後に、もう一つ言語勉強にとても大事なことは中国語を勉強する時は中国語の脳になること、

日本語を勉強する時は日本語の脳になることです。

 

それはどういうことと言いますと、

中国で旅行する番組で日本の芸能人が現地の人とご挨拶される時、よく「你好」って言いますよね。字幕でもよく「二ハオ」って出ます。

 

これです。

「你好」の「好」のピンインは hao ですよね。

中国語ピンインの区切りは h ao になります。

 

しかし日本語にもローマ字表示があります。

日本語読みの区切りは ha o になります。

 

全く違う発音になるわけです。

それにこれはまだ声調をつけていない場合です。

声調をつけてしまうと、もっと発音しづらくなりませんか。


皆さんも試してみてください。

 

ですので、中国語を勉強する時は、日本語を忘れる。


これこそがピンインを正しく身につけることができます。

 

皆さん、いかがでしたか。


私の言語勉強の感想を簡単に書いてきたのですが、少しでもお役に立ったのでしたら、とても嬉しく思います。


私もまだまだ日本語勉強中です。

一緒に頑張りましょう。

 

 

この記事の作成者:hikaru先生

 

 

◆21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役にたてください。

 

美希ちゃんが中国語を学ぶ:楽しいお店屋さんごっこ

 

中国語スクールに通う時間は、5歳の美希ちゃんにとって何より楽しい時間です。

 

中国語を学ぶと言うよりは、中国語で遊ぶ。

遊びながら中国語を自然に覚えていく。

 

美希望ちゃんが算数が好きで、最近1番好きな遊びは買い物ごっこです。

 

ある日、美希ちゃんスクールの本棚中にある日本語のカードを見つけました。

 

美希ちゃん:先生、お店屋さんごっこをしよう!

先生:いいよ、中国語でやりましょうね。

 

それから、お買い物ごっこが盛り上がって、中国語と算数を遊びの中で自然に吸収して、一石三鳥!(笑)

 

それでは、美希ちゃんがどんなお買い物したか、ちょっと覗いてみましょう!

 

 

美希ちゃんが中国語を学ぶ:楽しいお店屋さんごっこ 

 

 

美希ちゃんが中国語を学ぶ:楽しいお店屋さんごっこ

 

言語学習においては、子どもが大人は持っていない力を持っています。それはスポンジのように言葉を自然に吸収する能力です。

 

子供たちをとても正直です。大人のように退屈でも我慢して勉強できることができません。

 

なので、小さなお子様をお持ちの保護者の皆さん、中国語を勉強中のお子様に、出来るだけ中国語を吸収できる環境を上げて、中国語でいっぱい遊びながら、楽しく自然に中国語を身に付けましょう!

 

 

◆ 21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

中国語学習者向け 主な中国語資格 

皆さん、中国語の能力を測る資格や試験は、どんなものがあるかご存知でしょうか?

 

中国語検定試験、HSK、通訳案内士試験などなど…インターネット広告で見たことがあるかもしれませんし、もしかしたら皆さんの周りはすでにこれらの資格を取得されている方がいるかもしれません。

 

中国語の資格試験を通じて、自分の中国語のレベルを知ることができて、中国語学習のモチベーション向上にもつながります。さらに、合格すれば、就職や転職、または留学する際に、資格としてアピールすることもできます。

 

現在注目されている各種中国語資格や検定試験を紹介します。
皆さんの目的に合わせて、必要な資格を取得したらいかがでしょうか?

 

 

1.HSK(漢語水平考試)

  http://www.hskj.jp

 

HSKは中国政府が公認する中国語検定で、世界共通基準の資格です。中国政府公認の信頼できる資格だからこそ、HSは就職・昇進、留学、自己学習など様々なシーンで幅広い用途に活用することができます。

 

HSKは、世界で行われている中国語の検定試験で最も受験者が多い。
全世界で875か所以上、118の国と地域で実施され、広く認知されている中国語検定はHSKだけです。

試験の内容は中国語を用いたコミュニケーション能力の測定に特化しており、より実用的な中国語能力の測定が可能です。

年間試験回数:12回(毎月開催)

催機関:中国国家HSK委員会 HSK日本実施委員会

 

 

 

2.中国語検定試験(中検)

  URL: http://www.chuken.gr.jp/

 

中国語の総合運用力を測定する日本で知名度が一番高い中国語検定試験。1981年の第1回試験実施以降累計で受験者数60万人を超え、全国54箇所で受験が可能。試験は準4級・4級・3級・2級・準1級・1級の6段階に分かれて、初級レベルの学習者にとって受けやすい。

実施回数:年3回(6月・11月・3月第4日曜日実施)  

主催機関:日本中国語検定協会

 

3.中国語コミュニケーション能力検定(TECC

  http://www.tecc.jpn.com

 

TECC=Test of Communicative Chinese、「中国語コミュニケーション能力検定」。

中国語検定やHSKのように、等級別に試験があるのではなく、統一試験を受け、出たスコアでレベルを測る、いわば中国語版TOEICのような資格です。

 

実際にコミュニケーションする際の中国語運用能力を正確に測定するため、出題内容も日常生活やビジネスシーンでよく使われる中国語を素材として厳選しています。

 

評価方法として、日本で初めて1000点満点の「スコア表示方式」を採用。きめ細かく能力を測定できるため、何度でも受験でき、学習の目標やペースメーカーとして活用できます。

年間試験回数:2回   

主催機関:中国語TECC検定事務局

 

4.実用中国語レベル認定試験(C-TEST)   

  URL: http://c-test.jp/xp/

 

C.TEST は、HSKと同じく北京語言大学HSKセンターが問題の作成・採点、レベルの判定を行っている国際的な中国語試験。

 

C.TESTの試験は、C.TEST会話試験とC.TEST筆記試験の2種類があります。

C.TEST会話試験は、試験時間は一人あたり約10分から15分です。試験官による面接形式の会話試験で、面接官は受験者との会話に基づいて、総合的に採点を行いレベルを判定します。

 

C.TEST筆記試験は、学習時間1000時間以上の中国語上級者向けのADレベル試験と学習時間150時間以上の中国語中級者向けのGレベル試験の2つのレベルに分かれています。


主催機関:北京語言大学HSKセンター、C.TEST日本事務局

 

5.ビジネス中国語検定試験(BCT  

  URL: http://www.bct-jp.com/

 

中国政府主催の新しい中国語検定で、中国語版TOEICを指標にしてビジネス活動における交渉能力などを評価する試験。


BCT=Business Chinese Test、「ビジネス中国語検定試験」は、全世界で行われる国際レベルの標準試験で、ビジネスに特化した中国語のコミュニケーション能力を測定するものです。試験の内容は「聞く・話す」能力を重視し、職場や仕事における実際のビジネスシーンで使える中国語の運用能力が求められて、試験は問題も回答もすべて中国語です。

 

BCTの試験は、―薺薀譽戰襪BCT-A、中級・上級レベルのBCT-Bの2段階にわかれています。試験結果はBCT-AとBCT-Bともに300点満点でスコアが出、獲得したスコアでレベルを判定します。

 

年間試験回数:2回

主催機関:中国教育部 国家漢語国際普及指導グループ

 

 

6.中国語通訳案内士試験   

  URL: http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/

 

中国語観光ガイドには必須の資格。現在では中国語関連の唯一の国家資格であり、非常に難関。 単に語学力が優秀というだけでなく、日本地理・歴史、更に産業・経済・政治及び文化といった分野に至る幅広い知識が求められている。

年間試験回数:年1回   

主催機関:国土交通省(国際観光振興会が試験事務代行)

 

 

7.JTA公認翻訳専門職資格試験  

  URL: http://www.jta-net.or.jp/

 

社団法人日本翻訳協会が、将来翻訳者として活躍したいと願う人々を対象として、その翻訳者としての資質・能力を測る試験。旧翻訳技能認定試験を全面的に改訂し、21世紀のビジネス・コミュニケーションにふさわしい翻訳技能の確立と向上を目指して2008年12月から新たにスタートした。

主催機関:一般社団法人 日本翻訳協会 

 

 

◆ 21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。