世界共通の中国語資格HSKのスピーキング試験「HSKK口試」

JUGEMテーマ:中国語の学習

 

中国語学習者のみなさん、中国政府公認の中国語資格HSKはお馴染みだと思います。

 

HSK試験はリスニング(聴力)、リーディング(読解)、3級以上からライティング(記述式の作文)が加わります。

 

「世界共通の検定」なので、問題文や選択肢、リスニングの質問などは全て中国語で出題されます。初級の段階から「中国語でのコミュニケーション能力」が要求されるので、HSKにチャレンジすることで、自然とネイティブに通じる実用的な中国語力が身につきます。

 

実用的な中国語力として最も重要な会話力を測定するため、HSKとは別で、スピーキング試験「HSKK口試」という口頭試験があることもご存知でしょうか?

 

 

「HSKK口試」(口頭試験)は、受験生の中国語の応用能力を判定するテストで、レベルごとに初級、中級、高級に分かれています。

 

 

HSKK口試(初級):

中国語の基本的な日常会話を行うことができる

 

HSKK口試(中級):

中国語を母語とする者と中国語で流暢にコミュニケーションをとることができる

 

HSKK口試(高級):
中国語で自分の意見や見解を流暢に表現することができる

 

 

口頭試験
難易度 試験の程度 語彙量の目安

高級

中国語全般にわたる高度な運用能力を有し、流暢に自分の意見を表現することができる。週に2〜3時間の中国語学習を2年以上行った学習者に適している。  3000語前後の一般常用語彙及びそれに相応する文法知識

中級

中国語を母国語とする人たちと流暢に会話をすることができる。週に2〜3時間の中国語学習を2年程度行った学習者に適している。 900語前後の一般常用語彙及びそれに相応する文法知識

初級

中国語の基本的な日常会話を行うことができる。週に2〜3時間の中国語学習を半年から1年程度行った学習者に適している。 200語前後の日常生活語彙及びそれに相当する文法的知識

 

 

詳しくはHSKの公式HPにてご確認いただけます。

http://www.hskj.jp/level/#hsk-Speaking

 

 

HSK合格したみなさん、ご自分の中国語会話の応用力を測定したい場合、「HSKK口試」を活用したらいかがでしょうか?

 

 

◆ 21世紀中国語LINE@を友達追加して、いち早く情報キャッチ!

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

 

コメント