週間グローバル企業ニュース Top 10 2020.9.7

JUGEMテーマ:中国語の学習

 

中上級レベル学習者向け:

中国語ニュースを通じて、世界の経済動向をつかみながら、中国語レベルを高めていきましょう。

 

 

Pick up ニュース

 

参考訳文:

ファーウェイ(Huawei)は2020 IFAで「ビジョンとヨーロッパへの取り組み」をテーマにしたスピーチイベントを開催しましたが、業界が期待していたキリン9000チップは登場しませんでした。 Huaweiは、Huaweiが開発したアプリケーションストアであるApp Galleryがヨーロッパで3300万人のユーザーを持っていると発表しました。 アプリギャラリーは、Google Playに代わるアプリケーションプラットフォームであり、世界中で毎月4億8千万人のユーザーが利用しています。 登録されているHuawei開発者の数は160万人に達し、昨年上半期から76%増加し、毎月5,000を超えるアプリケーションが起動されました。 Huaweiはまた、8つの旗艦店と42の体験ストアを含め、ヨーロッパでより多くのオフラインストアを開く予定です。

 

コメント:Huaweiはまた、その誕生したばかりのクラウドビジネスにも注力しています。 今年1月、Huaweiはこの部門をスマートフォンおよび通信機器事業と同じレベルに配置しました。

 

参考訳文:

オンライン会議ソフトウェアZoom Video Communications Inc.の株価は、9月1日(火)に40%以上急騰し、457.69ドルで取引され、市場価値は約1,300億ドルで、既存のテクノロジー企業であるIBM(109.9億ドル)を上回っています。 昨年のIPO時に、Zoomの発行価格はわずか36ドルでした。 今年の流行により、Zoomなどのオンラインビデオ会議サービスを提供する企業の業績は急上昇し、資本市場の支持を得ています。 Zoomは、37万人以上の顧客と10人以上の従業員を抱えており、彼らに最大の利益をもたらす顧客の数は、前年比で2倍になっています。

 

コメント:不動産の大物Li Ka-shingがZoomの株式を管理しており、総株式資本の8.5%を占め、総額は約110億ドルです。

 

 

 

参考訳文:

ソフトバンクグループは、先月、米国のテクノロジーストックオプションで数十億ドルを調達しました。これにより、取引量が増加し、米国の株式取引に熱狂が起こりました。 市場筋はこれを「危険な賭け」と呼んだ。 SoftBankは、Amazon、Microsoft、Netflix、およびTeslaの株式を40億ドル近く購入したことを示す文書を規制当局に提出しました。 ソフトバンクは、約40億ドルを費やして、そのポジションに関連するコールオプションと他社からのコールオプションを購入しました。

 

コメント:ソフトバンクは以前はビジョンファンドを通じてテクノロジーへの投資に焦点を当てていましたが、新しい王冠の流行とUberとWeWorkへの投資の高評価により、グループの戦略が変わりました。

 

 

ニュースの音声を聞くにはこちら↓

https://mp.weixin.qq.com/s/H9iGoJtpbSY_b2d0fbvJpA

 

 

学習の進め方:

ステップ1.

全体的の意味を聞き取れるように、音声だけでニュースを聞く

 

ステップ2.

中国語の原文を見ながら、もう一度ニュースを聞く

理解できないとことがありましたら、参考訳文を活用してもよい

 

ステップ3. 

もう1回音声だけでニュースを聞く

 

中国語のニュースで効率よく中国語力を高めましょう!

 

 

◆ 21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

コメント