中国のネット動画

JUGEMテーマ:中国語の学習

 

日本ではネット動画の配信サービスがたくさんあります。

2015年から、世界最大手の動画配信サービス「Netflix」が日本でサービスを開始し、非常にリーズナブルな動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」、月額550円(税込)でNTTドコモが提供する動画配信サービス「dTV」や、海外サービスながら日テレが買収して急速にコンテンツ拡充をはかる動画配信サービス「Hulu」、TBSやテレ東のコンテンツが充実している動画配信サービス「Paravi」、幅広いジャンルでの動画配信サービス「U-NEXT」などなど、人気を集めています。

 

ところで、中国のネット動画はどんな状況ででしょうか?

 

中国では現在、騰訊視頻(テンセントビデオ)愛奇芸(アイチーイー)、優酷(ヨークー)Top3の動画配信サービスとなっています。その他、芒果TV(Mango TV) や風行TV も人気度が高いです。

 

 

 

騰訊視頻(テンセントビデオ)http://m.v.qq.com/

 

騰訊視頻は、騰訊(テンセント)サービスの1つで、個人でアップロードされたコンテンツが特に多く、またニュースやバラエティー番組、オリジナルドラマやバラエティーもあります。

 

【特徴】

・ユーザーの約半数は18~30歳、中高大学生が多い
・オリジナルバラエティーやドラマが多い
・月間平均デバイス数は6.4億台 

 

 

 

愛奇芸(アイチーイー)http://m.iqiyi.com/

 

中国のアイドルブームに上手く乗りバラエティー番組をたくさん取り上げられています。番組の著作権を買うことで配信ビデオを独自化し、短期間で人気を獲得しました。若者が好みの愛奇芸の自作ドラマや番組がヒットし、そしてBaiduに買収されたことがきっかけでTop3に入りました。

 

【特徴】

・バラエティー番組の種類が豊富(優酷騰訊視頻のサービスと比較しても番組のジャンルが多い)
・オリジナルのバラエティーやドラマが多い
・ユーザーは18~30歳が約半数、男女使用者数はほぼ半々で

・騰訊視頻よりもユーザーの年齢層が上の印象で、大学生のユーザーが多い
・月間デバイス数は約6億台

 

 

 

優酷(Youku) https://www.youku.com/


中国のYoutubeと言われています。当時絶大の人気を誇っていた優酷と土豆(ポテト)サイトを2005年に合併させ、2006年に最も早期に成立した動画サービス。優酷は2015年にアリババグループに買収されたこと、また音質と画質が他の動画サイトよりも格段に高い、幅広いソースを通じて配信していることでよく知られています。

 

【特徴】

・中国で一番知名度が高い人気動画サイト、1日の平均放送量が約11.8億回
・元々はドラマやアニメの配信が多かったが、現在はそれらに加えて、オリジナルのバラエティーやドラマ、YouTubeのように個人の投稿作品が多くなっている
・30歳以下のユーザーが56%(内25〜30歳が約30%)、男女の使用者数はほぼ半々

・月間デバイス数は約5.8億台

 

 

 

 

芒果TV(Mango TV) https://glb.m.mgtv.com/

 

芒果TVは、中国の湖南省テレビの傘下にあるインターネットテレビ。湖南省テレビは、ロゴがマンゴーと似ているため、別称でマンゴーテレビとも呼ばれています。湖南省テレビといえば、バラエティー番組というイメージが定着されています。

 

【特徴】

・バラエティー番組がとても多く、特に湖南省テレビのオリジナルバラエティーが多い
・視聴者の7割以上が女性
・テレビ番組の生放送も視聴が可能
・月間アクティブユーザー数1.2億人

 

 

 

風行TV  https://m.fun.tv/

 

風行TVは、深セン/上海/北京の3つ地域の3つの会社が連合して創立したインターネットテレビで、ドラマの配信が多めです。ウェブ上で視聴することもできますが、インターネットテレビとしてソフトをダウンロードして視聴する方法が一般的です。ドラマ好きな方は、風行TVがいいかもしれません。

 

 

中国語勉強中のみなさん、中国のネット動画を見る機会があれば、ぜひ中国語の学習としてもご活用ください。

 

 

 

◆ 21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

コメント