中国語絵本で「おうち時間」を楽しむ

 元々絵本が好きな私。二人の子どもが生まれ成長することでうちでの絵本も少しずつ増えています。親としては毎日違う絵本を読んであげたい気持ちだけど、しかし、子どもはいつも「ママ、読んで」って言って、自分のお気に入りの絵本を持ってきます。

 

 今日は上の子の最近のお気に入りの絵本を紹介します。

 

 

 

『开饭喽!开饭喽!』

张月 文  龙珩 絵/中国中福会出版社

対象年齢:3〜6歳

外国人の中国語学習者:中上級レベル

 

 この絵本は、ユーモアが溢れる言語とコミック風の表現を通して中国の食文化の発展について描かれています。「食べる」ことで、中国の歴史と中国の文化をつなげます。絵本をめくることで5000年の歴史を目で楽しめることができます。またイラストレーターの心を込めた絵によって、物語の独特の魅力が堪能でき、子どもたちの芸術性を高めることもできます。

 

 

この絵本の詳細についてはこちら→

http://bookschinese.com/?pid=153001027

 

 

 コロナの中、在宅の時間も増え、「おうち時間」を親子で楽しく過ごすために、みんなでワイワイ楽しみながら、お子さんの創造力も育む絵本はいかがでしょうか。一石二鳥です。

 

 

この記事の作成者:hikaru先生

 

『开饭喽!开饭喽!』

この絵本の読み聞かせで中国語を学びたい方は、LINE@を追加して、リクエストしてください。

 

◆ 21世紀中国語LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

 

コメント