子供・青少年向け中国語検定試験(YCT) 

JUGEMテーマ:中国語の学習

 

子供・青少年向け中国語検定試験(YCT)とは?
 

中国政府主催する15歳以下の子供・青少年を対象とした新しい中国語検定試験。

(※日本では29才以下が受験対象となります。)

 

母語が中国語ではない青少年の皆様に対し、中国語を教育し、青少年の中国語能力を高め育成するため、2004年から中国国家漢弁は海外中国語教育、語言学、心理学と教育学などの領域で専門家を設けてYCTを世界的に実施しています。

 
 日本語と同じく漢字を使用する中国語は若い年齢でも比較的学びやすく、将来より一層経済的・文化的な結びつきが強まると見られる日中両国にとって必要な人材を育成するという面からも注目すべき資格となります。また、ご家庭でのお子様の中国語学習の動機付けとしても活用できます。

 

YCTの構成
YCTは国際標準の中国語能力試験です。母語が中国語ではない青少年が日常的生活と勉強の中で中国語を運用する能力を試験します。筆記試験は1〜5級までの5つの試験があり、会話試験はYCT初級とYCT中級の2つの試験があります。


試験等級
YCT各等級と「国際標準中国語能力」、「欧州共通言語基準(CEF)」及びHSKを比較した表

 


4級 中国語を使用して、生活や学習上の基本的課題を解決することができる。中国旅行の際には、殆どのコミュニケーション課題に対処できる。 

 

3級 中国語を使用して、周知の日常的話題について簡単かつ直接なコミュニケーションがとれ、初級レベルの上位にランクする。 

 

2級 中国語の非常にシンプルな単語と文章を理解、使用できる。具体的なコミュニケーションニーズを満たす。

 

1級 中国語で最も常用される単語と短文を理解、使用できる。さらに中国語を勉強する能力を備えている。

 


試験の詳細については、公式サイトにてご確認ください。

 

子供・青少年向け中国語検定試験(YCT)

公式サイト:http://www.bct-jp.com/yct-introduction.htm

主催機関:日本BCT事務局 セリングビジョン株式会社

 

 

HSK 日本実施委員会が実施するYCT

日本国内でHSK受験者(※2019年約4万人)が増加する一方で、 子供の中国語学習者も近年増加しています。
その為、HSK日本実施委員会は子供の中国語学習測定を目的とし、 YCT運営を始めました。
受験会場はHSKと同会場で実施致します。

 

詳細についてはこちら

http://www.hskj.jp/lp/yct01/

 

 

◆ 21世紀中国語LINE@を友達追加して、いち早く情報キャッチ!

https://line.me/R/ti/p/%40qbj8538a

 

ブログに書かれていない内容もお届けしています。

ぜひ登録して、中国語学習にお役に立てください。

 

 

コメント